シアリスと相性の悪い食べ物

シアリスは食事やお酒の影響を受けにくいというのが特徴です。

シアリス

しかし、シアリスと相性の悪い食べ物が存在します。
グレープフルーツや柑橘類と一緒に服用すると効果が強く出てしまったり、薬効時間が長くなってしまいます。

 

効果が強くなったり、薬効時間が長くなるなら良いのではないかと思う方もいるはずです。

 

ですが、効果が強く出るということは、副作用も強く出る危険性があるのです。

 

シアリスの副作用として多いものは、めまい、片頭痛、消化不良、鼻詰まり、目の痛みなどがあります。
重い副作用には、発疹といった過敏症などが起こることもあるのです。
このような副作用がグレープフルーツの影響で強くあらわれることがあります。

 

タダラフィルの作用は、血管を拡張して血液の流れを良くする働きで、勃起を促してくれます。

 

グレープフルーツに含まれている成分が、体内にタダラフィルを閉じ込めようとしてしまいます。

 

通常は、タダラフィルを服用すると時間の経過とともに、尿などと一緒に体の外に排出されます。

 

 

代謝酵素と言われている『CYP3A4』が、この働きをするのです。
この働きを悪くする原因がグレープフルーツに含まれる『フラノクマリン』という成分です。
フラノクマリンはグレープフルーツに多く含まれている成分です。

 

服用後、時間が経過するとタダラフィルが体の外に排出されます。
そのため、血中濃度が低下していくのです。
グレープフルーツを摂取すると、フラノクマリンが体内に残ります。
体内に残ることで、身体がタダラフィルを過剰に吸収します。

 

過剰に吸収すると、シアリスの効果を通常よりも強く出てしまうため、副作用が強く出る危険性があります。

 

シアリスやED治療薬の他にもグレープフルーツと相性が悪いお薬は多々あります。

 

シアリスは食事やお酒の影響を受けにくい・副作用が出にくいですが、グレープフルーツが含まれる飲み物にも注意が必要です。

 

グレープフルーツと他の柑橘類

 

柑橘類にはフラノクマリンが少なからず含まれています。
グレープフルーツよりはフラノクマリンが少ないので影響は出にくいです。
しかし、フラノクマリンが含まれているので摂取した場合は、シアリスの服用を控えたほうが良いです。

 

また、シアリスの服用を考えている場合は、前日もフラノクマリンを含むものは避けてください。
体内にフラノクマリンが残っている可能性があります。

 

シアリスやED治療薬を正しく使用すれば、いままで効果が得られなかった方もEDを改善できる確率が高くなります。