シアリスは食事の影響をうけにくい

シアリスの一番の特徴は、36時間の効果です。

シアリス

従来のED治療薬の場合は、5~8時間のため、性行為中に効果が切れる心配をした人もいるはずだと思います。
しかし、シアリスは薬効時間が36時間もあるので、安心して性行為ができるのです。
他にもシアリスにはバイアグラと違う特徴があります。

 

それは、食事の影響です。
特に、バイアグラは食後に服用してしまうと、効果が半減したり、まったく効果が得られないこともあります。
レビトラは軽い食事でしたら問題ありませんが、食べすぎてしまうとバイアグラ同様、効果が得られないこともあります。

 

そのため、より効果を実感するには、バイアグラやレビトラは空腹状態で服用することです。

 

シアリスは、食事の影響が少ないです。。
影響が少ないからといって食べすぎてしまうと、バイアグラ同様に、効果が半減してしまったり、効果が得られないこともあります。
では、どのぐらいの食事なら影響が出ないのかというと『800kcal以内』と言われています。

 

しかし、主成分のタダラフィルが体内に吸収されていれば、食事の影響を受けることはありません。
薬効時間が36時間もありますので、パートナーとデートをされる前に事前にシアリスを服用しておくことをお勧め致します。

 

また、シアリスはお酒の影響も出にくいのも特徴です。
お酒には気持ちを安定させる作用があるため、適量のお酒ならリラックス効果が働きます。
リラックス効果で、いつも以上にシアリスの効果を高めることができます。

 

ですが、飲み過ぎは禁物です。
お酒を飲みすぎてしまうとシアリスの効果を十分に得られなくなってしまうことがあります。
シアリスは、血管を拡張する作用で勃起を促します。
血管が広がることで、血流が良くなります。
そのため、アルコールの吸収率も高くなるので、酔いやすくなります。

 

ED治療薬は、基本的には食後やアルコールと一緒に使わないほうが効果を実感できます。

 

どうしても食事をする場合は、前もってシアリスを服用することをオススメします。
急に性行為をする場面には、レビトラやバイアグラが向いています。
シチュエーションによって使い分ける方もいらっしゃいます。

 

バイアグラなどで効果が得られなかった方でもシアリスで効果を実感できる場合もあります。